プロテイン 健康

「プロテイン=筋肉をつけるサプリメント」という考えは根強いと思われます。
しかし、プロテインの摂取は筋肉の成長のみではなく、他の部分でも役に立っています。

 

 まずひとつは、免疫力の向上です。
免疫力に関わるアミノ酸として「システイン」と「グルタミン」というものがあります。
「システイン」は解毒作用や抗酸化作用に関わるアミノ酸で、「グルタミン」は免疫細胞のエネルギー源となるアミノ酸です。

 

これらのアミノ酸は、ストレスにより減少することで免疫力の低下に繋がりますが、プロテインで摂取することで免疫力の低下を防げます。
いくら筋トレで鍛えても、風邪を引いてしまっては台無しになってしまいます。それを防ぐ意味でもプロテインは役立ちます。

 

 次に、プロテインによるアミノ酸の摂取は脳にもよいということです。
脳の栄養として有名なものがブドウ糖ですが、このブドウ糖が不足してしまうと、代わりにアミノ酸が分解されて消費されてしまいます。

 

ブドウ糖・アミノ酸ともに不足してしまうと物事に対する集中力が低下してしまいます。それを防いだり、消費した分を補うためにもプロテインの摂取が必要となります。

 

 このように、プロテインの摂取は筋肉の成長のみならず健康な体づくりに大きく貢献しているのです。