成長の遅い子供にプロテインを飲ませても良いのか?

中学生くらいになると、周りの子供たちと自分の子供の体型の違いが顕著になり
「自分は体が小さいのではないか」「自分の子は周りより劣っているのではないか」と自分と他人を比較して不安になったりします。

 

焦って「プロテインを飲ませたほうがいいのか」「プロテインを飲んでも良いのか」と親御さんの間でも悩んでしまうかもしれません。

 

答えは「害はないが補助程度に抑える」です。
プロテインとは植物性、動物性のものがありますが、つまりは「たんぱく質」です。
中学生はまだ体の成長期。まずは食事を栄養バランスよく摂れているか見直しましょう。

 

特に12~14歳の時期に必要な栄養量は成人とほぼ同じとなっています。
たんぱく質だけに偏らず、鉄、ビタミン類、カルシウム、マグネシウム、そして忘れがちな亜鉛にも気をつけたいものです。
それらの栄養素を満遍なく摂取するのにサプリメントは実に合理的です。

 

しかし、食習慣は正しく身についていますか?
大人になるとマナーをチェックされることも増えます。箸を上手に使えなかったり、好き嫌いが多かったり、

 

テーブルマナーも最低限のことがこなせなければ恥をかいてしまいます。
なるべく普段の食事から栄養素を摂る事を心がけたいものです。

 

それでも食が細くて体が小さいなどの悩みがある場合の補助的な役割としてプロテインを利用しましょう。

 

気をつけたいのは、過剰なたんぱく質(=プロテイン)は体脂肪や他のアミノ酸に組み込まれて蓄積したり、
体外に排出されてしまうことです。

 

そうさせないためにプロテインは適量を、吸収しやすい運動後に摂取することが大切です。
また、原料により利き方の特徴も変わってくるので、プロテインを体が吸収する早さなどを調べることをおすすめします。