筋肉に効率よく栄養を送り込むことができる時間

プロテインが特に効果を発揮するゴールデンタイム、ご存じですか?

 

それは、体が最もプロテインを欲する時、といえます。

 

プロテインは、極端にいえば、筋肉の材料です。

 

運動や筋トレなどでダメージを受けた筋肉は、そのストレスに対抗し、さらに強い筋肉になろうとします。そして、その為に、体内で成長ホルモンが分泌され、筋肉の修復を始めるのです。

 

まさにこの時が、プロテインの出番です。

 

トレーニング後のタイミングに、筋肉の材料といえるプロテインを摂取する事で、修復が効率の良いものになります。なので、運動後30分以内が、プロテインのゴールデンタイムといわれているのです。

 

そして、運動後の他にも、成長ホルモンの分泌が活発になるタイミングはあります。

 

それは就寝中です。もっと正確にいえば、就寝後30分から1時間半程の間に、ホルモン分泌が高まります。もちろん日中のダメージを修復、回復する為で、就寝前にプロテインを摂っておけば、より良い効果が期待できる、というわけです。

 

基本的にはこの二つのタイミングが効果的ですが、運動の強度によっては、運動前も良いとされています。なぜなら、激しい運動の場合、体は途中でエネルギー不足に陥ります。

 

そうなると、運動を続ける為に、筋肉を分解して、エネルギー源となるブドウ糖を作り出すしかありません。増強しようとしている筋肉を分解されるのは、阻止したいところです。

 

そこで、運動前にプロテインの出番です。摂取しておけば、たんぱく質が血中に吸収、分解され、アミノ酸がつくられます。そうなると、そこからエネルギー源を作り出すため、筋肉の分解を、最小限に抑える事が出来るのです。

 

また、他に、起床直後も良いといわれています。睡眠中も肉体はエネルギーを消費しているので、起床後は、エネルギーが不足している可能性があるからです。

 

摂取する目的がタイミングによって異なるので、プロテインも、それによって選んだ方が良いでしょう。

 

例えば、運動前には、吸収の早いタイプのもの、就寝前には、吸収がゆっくりなタイプのもの、といった選び方です。