プロテインは作り置きしては絶対にだめです。

プロテインを飲むために、作り置きをしていますか?

 

すぐ飲める状態で携帯しておきたい、とか、忙しいから等、理由は色々あると思います。

 

出先や、職場で作れない、という事もあるでしょう。

 

ただ、どちらかといえば、作り置きはお勧め出来ません。

 

まずは鮮度の問題があります。

 

もしも冷蔵庫で保管が出来るなら、半日から1日程度は大丈夫でしょう。

 

しかし、それでも鮮度の劣化は避けられません。酸化することにより、

 

味や風味も落ちてしまいます。

 

そして、成分もまた劣化します。
大事なタンパク質が、熱で変質してしまうのです。含まれている栄養価も、もちろん下がるでしょう。

 

 

次に、衛生上の観点からの問題もあります。

 

粉末を溶かした後の液体は、基本的に、食品と同じ扱いだと思って下さい。

 

水ならまだしも、牛乳やジュースに溶かしたプロテインを、作り置きして常温で持ち歩くことは、食品衛生上、危険が伴います。

 

また、一度でそれを飲み切ってしまえば良いのですが、現実には、中々そうもいかないでしょう。何度か小分けにして飲むはずです。

 

しかし、一回、口をつけてしまうと、そこから雑菌が繁殖するのです。これを持ち歩き、一日かけて飲むのは、どんなものでしょうか。

 

せっかくのプロテインを、質も鮮度も落ちた状態で摂ることは、あまり得策とは言えません。

 

どうせなら、効果的に摂りたいものです。

 

そういうわけで、プロテインは、やはり基本的には、飲む直前に作ることがベストなのです。