外出中もしっかりとたんぱく質を補給しよう。

みなさん外出のさいにプロテイン摂取をする場合はどのようにしているでしょうか。

 

筋肥大のためにジムを利用してウエイトトレーニングに励んでいる人や、その他自宅外でたんぱく質の補給を行いたい、または必要に迫られるケースは割と多いのではないでしょうか。

 

ほとんどのプロテインは粉末状のものですから、ドリンクなどとシェイクして飲用するのが一般的です。

 

そのまま自宅でプロテインシェイクを作ればいいと考えるかもしれませんが、プロテインの鮮度や安全性を考えた場合あまりおすすめ出来る方法とは言えないでしょう。

 

プロテインを外出中に摂取する法要は大別して2通りあると考えられます。

 

一つは粉末を効率的にシェイクして飲用できる準備をして持ち運ぶ方法です。

 

粉末のプロテインを必要量測っておき別途ケースに入れ、ペットボトルドリンクなどの水分とシェイカーの3点を用意しておきます。

 

プロテインを入れるケースは出口が細くなってそのまま注げるタイプや、中に軽量カップを入れられるような口の広いケースなど、各々が使いやすいものをチョイスすれば良いでしょう。

 

そして必要に応じて混ぜ合わせプロテインドリンクを製作するわけですが、やはり製作の手間が掛かるのは否めません。

 

もう一つ考えられる方法として、プロテインタブレット、ブロテインバーやプロテインドリンクなどを利用する方法です。

 

プロテインタブレットは錠剤型なので、場所もあまり取りませんし、プロテインバーもポケットやバッグに忍ばせておけば必要なときにさっと取り出して摂取することが可能です。

 

プロテインドリンクというプロテインが豊富に含有されている飲み物も販売されています。

 

普通のジュース感覚で持ち運び出来ますから便利ですが、これらはしっかりとたんぱく質を補給しなければならないシーンでは少し物足りなかったり、グラムあたりの単価で考えるとかなり割高になることもあるということを考慮しなければなりません。

 

双方ともに長所短所がありますから、自身の目的にあわせて、またそのときの状況にあわせて使い分けることが出来れば外出先でも十分にプロテイン摂取は可能になります。