不味いプロテインでも美味しく飲む方法を考えた!

現在では昔と比べかなりプロテインの味も良くなってきていますよね。

 

一昔前ではプロテインは不味くて当たり前でしたから、メーカーの試行錯誤の成果といってもいいでしょう。

 

しかし、やはり各々の味の好みや根本的に味が不人気な商品などもまだまだ存在するのが現状です。

 

プロテインはコスト削減のためにまとめ買いする人も多いことだと思いますので、万一味の悪い好みに合わない商品を購入してしまったらどうやって使いきろうかと頭を悩ます人もいるのではないでしょうか。

 

おいしくないプロテインを飲む対策として一般的に考えられるのはやはり味の濃いもので誤魔化してしまうのが最も手っ取り早い対処法かと思います。

 

果汁100パーセント飲料、その中でもオレンジジュースなどの柑橘系飲料は不味いプロテインを飲むさいに効果的なようです。

 

ほかにもヨーグルトを主体にした飲料や乳酸菌系のジュースなども相性がいい場合が多いようです。

 

プロテインの味を悪くする原因の一つに上手く溶け切らない状態で飲用するという状況が上げられます。

 

粉末のプロテインは特性上どうしても溶けにくいものですから、上手くシェイクしなければ溶けきらなかったプロテインの粉末が口に入り、不快感を感じる人も少なくないようですね。

 

このような場合はミキサーなどを利用し、フルーツスムージーなどと一緒に混ぜて飲用すると良いでしょう。

 

ミキサーは手でシェイクするよりも楽に綺麗に混ぜることができますし、フルーツなどの味でプロテインの不味さを誤魔化せるため一石二鳥です。