プロテインを豆乳で割るのは食事の補助、食間、就寝前などが理想的!

豆乳はご存知大豆を原料として製造されている飲料で、様々な健康効果を得ることが出来るため、スポーツをしている、していないにかかわらず利用している人は多いことと思います。

 

豆乳の代表的な栄養素としてイソフラボンが上げられます。これは女性ホルモンであるエストロゲンと分子構造が類似しています。

 

ですから、バストアップやダイエットを目的とした女性がプロテインを利用するさいにはとても相性が良い組み合わせなのではないでしょうか。

 

さらにホルモンバランスを調整し美容や一部のガン抑制にも効果がありますから、老若男女問わずお勧めすることが出来る健康的な飲み物なのです。

 

トレーニングやスポーツにおけるたんぱく質摂取を目的とした場合の豆乳+プロテインの組み合わせには少し注意が必要かもしれません。

 

というのも、豆乳に含まれる豊富なたんぱく質はほとんどが植物由来のたんぱく質であるためです。

 

牛乳に含まれるカゼインたんぱく質、豆乳に含まれる植物性たんぱく質などはどちらも体内に入ってからの吸収速度が非常に穏やかなのです。

 

プロテインに限っていえば、たんぱく質の吸収速度が速いとされているのはホエイプロテインです。

 

粉末プロテインがホエイ由来のたんぱく質であっても豆乳などの吸収の遅いたんぱく質と一緒に摂取してしまうと少なからず吸収速度が低下してしまうため、豆乳は速やかなたんぱく質補給が要求される場面での使用はあまりおすすめ出来ないのです。

 

プロテインを豆乳で混ぜる場合高速吸収が要求されないタイミング、すなわち食事の補助、食間、就寝前などが理想的な利用時期となるでしょう。

 

吸収速度が必要な場合は水やスポーツドリンクなどを利用して、その他の場面では豆乳や牛乳など