プロテイン 栄養補助食品

筋肉増量にはプロテインの摂取が欠かせないとされています。

 

しかし、プロテインを摂取していればそれでよいという考えの人も多くいると思われます。

 

サプリメントの語源は「補足」「追加」を意味します。プロテインはもちろん大切ですが、日ごろの食事管理を疎かにしてはいけません。

 

まず、食事の回数についてです。筋肉による増量、強い体づくりを意識しているなら1日6食が薦められています。

 

6食なんて現実的ではないと考える人がほとんどかと思われます。しかし6食と言っても、うち3食は軽食でよいのです。

 

おにぎり1個やバナナ1本、またはプロテインバー1本などです。通常の3食にこの軽食3回分を加えると強い体づくりが実現しやすくなります。

 

次に栄養についてです。「筋肉に大切なもの=タンパク質」という考えが根強く、他の栄養素の摂取を疎かにする人もいるでしょう。

 

しかしバランスの良い食事を摂ることで初めて強い体づくりが実現されるのです。

 

例えば、筋肉がいくら大きくても、それを動かすがぞ林の役割を担う糖質(グリコーゲン)がないすぐに疲れてしまいます。

 

また、プロテインなどでタンパク質を吸収する際カルシウムが消費されます。そのため、意識して摂取しないとカルシウム不足になります。

 

そうすると骨が脆くなり、けがの原因にもなります。そして、体の機能維持のためにはビタミン・ミネラルが欠かせません。

 

健康であればトレーニングができますが、免疫力が低ければ風邪をひき、その間トレーニングができなくなることも考えられます。

 

 これらの理由から、プロテインのみに頼らず、日ごろの食事管理も意識することが大切だと考えられえます。