プロテインは空腹時に飲んでも良いのか?

人間の体というのはお腹にあるものをほとんど消化しきって空腹状態にあるときに食事をおこなうと、通常よりも効率的に栄養を吸収してくれます。

 

ある程度長い時間食事などで身体に栄養を送っていないと「お腹がすいた」と感じる人がほとんどだと思います。

 

そもそもこれは体内が次なる栄養を求めて出している信号であり、温存していた体内エネルギーが残り少なくなって来ると、新たな

 

栄養を補給するために行動を起こすシグナルを発するのです。

 

このような状態をいわゆる「空腹」といいますが、この空腹状態にある

 

人間の身体は栄養吸収効率が格段に上昇しているのです。

 

つまり、空腹時に摂った栄養は優先的に吸収されるため、そのときに身体に必要な栄養素を見極めて摂取すれば合理的な栄養補給を行う事が出来るという事になります。

 

では空腹時にプロテインを摂取したらどうなるでしょう。

 

当然消化効率が高い身体に高濃度のタンパク質を送り込むわけですから、体内に率先してタンパク質が行き渡り、筋細胞やその他の組織のエネルギーとして利用されるでしょう。

 

しかし、いくら吸収率が良いからといってわざわざ空腹状態にするために辛抱する必要はないでしょう。

 

空腹まで栄養摂取を行わないと、それだけ栄養摂取の頻度が下がり、アナボリックな状態を保てなくなる可能性があるためです。

 

寝起きなどは消化しきっており空腹である場合が多いため、このような状態でのプロテイン摂取は効率的に良いと思います。

 

とは言うものの自然の食事をベースにし、バランスの取れた栄養摂取をすることは体調管理に欠かせませんから、プロテインのようなサプリメントはあくまで副次的なものとして捉えておいたほうが良いでしょう。