日本製と海外製のプロテインにはどのような違いがあるのか?

プロテインは運動後の筋肉の発達に欠かせない栄養素のことで、主にタンパク質のことをさします。

 

スポーツを行う人には馴染み深いメジャースポーツサプリメントといえるでしょう。

 

店頭やネットなどでプロテイン商品を買おうとすると、その種類の多さに最初は戸惑ってしまう人もいるのではないでしょうか。

 

特に日本のメーカーと海外のメーカーでは商品の品質や特徴、グラムあたりの価格に違いがあります。

 

もちろん両者ともプロテインが主成分で、使用目的もおおよそ同じものになりますが、日本製のプロテインは値段が高く、海外製のプロテインはコストパフォーマンスに優れている傾向があるようです。

 

これは単純に国内と国外ではプロテインの需要に差がある(日本よりよく売れている)ので商品を安く売ることができるため、海外製のほうがコストパフォーマンスが良くなるようです。

 

また、海外ではプロテイン製造に必要な原料の調達も容易で、新商品の開発や研究も盛んに行われているため、スムースで安定した商品供給を実現しているのですね。

 

しかし、日本製のプロテインも様々な工夫や研究が行われているようです。

 

日本人の体質に合わせた商品の開発や、胃腸の弱い人も飲みやすく改良され研究されたプロテインなど、

 

日本ならではの独自開発、研究が行われていたり、海外製プロテインの品質やコストパフォーマンスに近づけるため
日々進化し続けているようです。

 

いずれにしても継続的に利用するものですから、自分の体に合う商品を見つけコストと品質とのバランス
を考えて商品選択を行いたいですね。