たんぱく質含有量をチェックしてプロテインを選ぼう

効率的な筋肥大を行うためにも体の筋力や骨格形成の為にもプロテインの補給は
欠かせないものだと思います。

 

特にウエイトトレーニングなどを行い筋肥大をメインとしてプロテインを摂取
している人にとっては、たんぱく質摂取の重要性は高いものとなってくる
でしょう。

 

通常、トレーニーは常人の2〜3倍近くのタンパク質を摂取しなければ
なりません。

 

この量は食事だけで摂取することは可能ですが非常に大変であり、
またトレーニング中やトレーニング後のゴールデンタイムなど、素早い補給
が要求される場面などではプロテインなどのニュートリションサプリメント
が重宝されます。

 

上記のような理由でプロテインなどを多様しているアスリートはとても多い
と推測出来るわけですが、プロテインも物によりますが常用するためには
継続的にコストが掛かることは避けられません。

 

そこで、効率よく出来るだけ低いコストでプロテインを選ぶためにも、
プロテインのたんぱく質含有量をチェックしたうえでプロテインを選んで
いくことをおすすめいたします。

 

プロテインのパッケージ裏面などに栄養成分表が表記されていると思います。

 

そこにはグラムあたりの栄養成分の含有量が表示されているわけですが、
たんぱく質の項目をしっかりチェックしてみてください。

 

たんぱく質含有量20%を切るものもあれば、70%を超える商品もある
と思います。

 

極論かもしれませんが、もし同じ容量で同じ価格のプロテインだとして、
タンパク質が20%未満のプロテインと70%以上のプロテイン、
同じだけのたんぱく質量を補給しようとしたらどちらのほうが
コストパフォーマンスに優れているでしょうか。

 

当然70%以上のたんぱく質含有量のプロテインに軍配が上がります。

 

つまり価格帯が同じならば、たんぱく質含有量の高い商品を選ぶ事で
少ない摂取で済むため、結果的にコストパフォーマンスが良くなるのです。

 

プロテインを選ぶ際は是非とも一度、たんぱく質がどれだけ含まれているか
確認してから商品を選んでいくことをお勧めします。