プロテインの次に有名なスポーツサプリメント「BCAA」

皆さんはBCAAという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

 

BCAA(branched-chain amino acids)とは、分枝鎖アミノ酸のそれぞれ頭文字を取った略称の事である。

 

BCAAには、ロイシン、イソロイシン、バリンといった必須アミノ酸があり、それらは人間の体内で十分合成することができません。

 

そのために、栄養として補給する必要があります。

 

BCAAは、大豆製品や肉類、魚類、乳製品といった様々な食材に含まれているので、大半の人は摂取できているでしょう。

 

また、人間の筋たんぱく質内には約35%もBCAAが含まれているため、運動する人にとっては、非常に大事な栄養素と言うことができます。

 

次に、BCAAの効果ですがまず運動後の疲労や筋肉痛を抑える働きがあります。BCAAは摂取してから約30分後ぐらいに血中濃度がピークを迎えるので、運動30分前から摂取することが理想だと言えます。

 

その後、BCAAの血中濃度は少しづつ減っていきますので、長時間にわたる運動を行う場合は、適宜補給することが重要です。その他にも筋肉の増大にも効果があります。

 

筋たんぱく質は合成と分解を行っていますが、運動時はその分解の働きが促進されてしまいます。そのために、BCAAやたんぱく質を補給することで、合成>分解の状態へ持っていくことにより、筋肉を増大することができるのです。

 

逆に合成分解の状態だと筋肉が破壊されている状態であり、そのことをカタボリックと言います。

 

例えば、ダイエットの際に食事を減らす、あるいは抜くといったことがあると思います。その場合体重は減るかもしれませんが、脂肪ではなくに筋肉が分解されているということなので行わないようにしましょう。(主に、たんぱく質を減らした場合)

 

これらのことから、BCAAは運動後の疲労、筋肉の増大には必須の成分と言えます。なので運動する前には、BCAAを補給しましょう。