プロテインは決して薬物ではありません。

プロテインと聞くと、なぜか「薬物」とか「筋力アップする」とか思い込む人が多いようで、そういった見解がインターネット上のあちこちで見られます。

 

近年ではスポーツ選手のドーピング疑惑例もいくつか浮上したりと、プロテインという言葉そのものに違法的な感情を抱いている方が多いように思います。

 

誤解している方々の為に、ここではっきりと申し上げておきます。

 

プロテインは薬物などではありません。

 

そもそもプロテイン(英語で「protein」)という言葉を調べていただくとわかる通り、「タンパク質」のことなのです。

 

タンパク質をご存知ない方はほとんどいらっしゃらないと思いますが、炭水化物や脂質と並んで三大栄養素に挙げられているあのタンパク質です。

 

アミノ酸等にもなる上、筋肉や内臓等人間の体を作る上で必要不可欠なものです。

 

ただそれだけのことなのです。

 

プロテインのサプリメントもといパウダーといえば、明治の「ZAVAS(ザバス)」等が有名です。

 

使用している方の多くは牛乳等に入れて飲んでいるかと思いますが、これを飲んだからといって体に異常が出るとかそんなことは一切ありません。

 

むしろ、低カロリーで飲みやすく、筋力がつきやすくなります。

 

スポーツ選手には人気のサプリメントの一つですね。

 

また、空腹を満たすこともでき、ダイエットにも最適です。

 

間違った使い方をしなければ、今よりも更に健康的な体作りをすることが可能です。

 

ドラッグが何かだと勘違いして敬遠していた方、この機会に考えを改め、是非一度使用してみることをお勧めします。