筋肉痛が起きたらプロテインを欲しているタイミング

筋肥大を目的としたトレーニングの場合、運動後に生じるある種の筋発達のサインでもある筋肉痛と、筋肉そのものを構成し、
筋細胞の成長と維持に必要不可欠なたんぱく質、すなわちプロテインは円滑な骨格筋の発達においてもっとも重要性が
高いものであることは間違いないでしょう。

 

そもそも筋肉痛はなぜ起こるのでしょうか。

 

筋肉痛というのはウエイトトレーニングなどで筋肉に高負荷がかかり、筋繊維が損傷したさいに起こる炎症が引き起こす
とされています。

 

複数の筋繊維が強い負荷により小さな断裂が起こり、身体はそれらを修復するために白血球などを動員します。

 

炎症が起きたところが痛覚を有する組織に影響を与え痛みを感じるというのが有力な説でしょう。

 

筋繊維が修復されるさい、次の負荷に向けて太く強い筋繊維として修復されるようになっています。
これが俗に言う超回復と関係しており、筋肉の肥大や筋力向上の基盤となっている現象なのです。

 

この超回復の過程において筋肉痛が起きるので、筋肉痛は筋肉成長のサインともいえます。

 

しかし、上手く超回復を行うためには体内にたんぱく質などの筋肉に必要な栄養素を充実させておかなければ
すみやかに行われません。

 

最悪の場合、筋肉の異化が起こり筋肉の萎縮が生じてしまうことになりかねません。

 

つまり太く逞しい筋肉にするためにはプロテインの摂取を怠ってはならないのです。

 

筋肉の回復過程で起こる筋肉痛は、プロテインなどの栄養補給のタイミングを計るうえでも非常に便利です。

 

運動後や筋肉痛が起きているときは特に栄養補給に気を使い、また筋肉の異化を避けるためにも
普段からプロテインなどを補給して栄養を枯渇させないことが速やかな筋発達に必要不可欠
なのではないでしょうか。